条件を絞り込む

カテゴリー

製品

科目

学年

165 結果
以下の条件で絞り込み
    デジタルコンテンツのライセンス指導用 Creative Commons 入門資料「情報社会論」#02 @青山学院大学 プレゼンテーション 作成者 Taichi FURUHASHI 2017/06/12 製品 Acrobat Photoshop Illustrator
    +1
    116 0

    # 青山学院大学 一般教養(AOYAMA STANDARD)「情報社会論」講義用プレゼン資料 「情報の扱い方と社会の仕組み」を理解することを目的とした講義で、本資料は、デジタルコンテンツに対するライセンスの考え方と、グローバルに定着してきているクリエイティブ・コモンズライセンスの仕組みを解説、Adobe製品を含め多くのクリエイティブなツールによって作成されたコンテンツに適切なライセンスを付与し、二次利用を促す仕組みを実践も通して学ぶ資料として共有します。 ## 主な内容 * 知的財産権とは * 具体的な Creative Commons の利用事例把握。 * Creative Commons の概念全体把握 * 具体的な事例等 ## 諸元 * 1コマ90分用(講義 30分、議論/作業 60分) * 青山学院大学 一般教養。 * 公式ハッシュタグ #AGU情報社会論 * 講師: 地球社会共生学部 古橋

    Adobe New School Workshop 高校生向けワークショップ プレゼンテーション 作成者 Kenichiro Masubuchi 2016/09/30 製品 Photoshop Illustrator 4.0k 0

    [イベントレポート] 「プログラミングでグラフィックデザインをしよう」 「Creative Cloudで服をデザインしよう」 生徒のクリエイティビティを刺激し、時代に対応できる人材育成を 経済から日常生活に至るまで、あらゆる分野で急速な情報化・機械化の波が押し寄せている現代。既存の仕事はその多くがコンピューターなどに取って代わられることが懸念されるいま、教育の現場には、クリエイティブな発想で新しい価値を創造できる人材の育成が求められています。  こうした情勢を背景に、奈良県では2014年、他の都道府県に先駆けて全県立高校へのAdobe Creative Cloudの導入を決定。2015年2月より、すべての教育活動においてAdobe製品を使用可能とし、生徒の創造・発信力を伸ばす情報教育を推進しています。  その稼働から約1年が経過した2016年春、奈良県教育委員会はさらに、この先進的な環境への理解を一層深め今後の取り組みの加速を促す研修会を実施。奈良市のホテル日航奈良において、県立高校に通う生徒たちが「現代のデザイン」を体験するワークショップ「Adobe New School Workshop」を開催しました。慶應義塾大学で教鞭をとる脇田玲氏・水野大二郎氏を講師に招聘し、Adobeの最新クリエイティブツールを駆使して生徒たちが挑戦したのは、グラフィックやファッションのデザインです。その模様を映像とPDFでリポートします。 また、実際にそこで使ったPostScriptのtxtもポストしてあります。生徒がどのような体験をしたか分かります。

    Photoshop レイヤーの概念解説 デジタルアセット 作成者 上泉 洋介 2016/09/26 製品 Photoshop 6 0

    Photoshopの操作を学ぶ際、レイヤーの概念は必ず解説するところだと思います。私は普段授業で「レイヤーはアニメのセル画のようなもの」と説明していますが、加えて実際のファイルで見るために、このようなファイルを使うと理解が深まるかと思い、作成しました。 本ファイルは3枚のレイヤー(背景・家具・人物)で構成されており、表示/非表示を切り替えながら解説することを想定しています。

    教育機関向けアドビアプリケーション プレゼンテーション 作成者 Adobe Education 2016/09/12 製品 Prelude Adobe Experience Cloud Typekit
    +57
    25 0

    教育機関向けアドビアプリケーションマップには、アドビソフトウェアアプリケーションの概要が紹介されており、どのようなものを制作できるのかを知ることができます。また、サンプルプロジェクトのアイデアのインスピレーションを得ることができます。以下のビデオを見て、用途に基づいた製品トレーニングとサポートへのアドビの取り組みについて確認してください。 このドキュメントでは、アドビソフトウェアアプリケーションで制作可能なデジタルコンテンツのタイプを分類し、各種コンテンツの制作に最適なツールを示しています。各コンテンツカテゴリーには、アドビの初級ユーザー、中級ユーザー、および上級ユーザー向けのサンプルプロジェクトが含まれています。プロジェクトによっては、アドビのサポートおよびAEEに関するチュートリアルへのハイパーリンクが含まれているものもあります。このドキュメントにはアドビアプリケーションの用語集も含まれており、アドビが提供する様々なアプリケーションを容易に確認することができます。

    高等教育のカリキュラムにおける クリエイティビティのデザイン ワークショップ 2016/12/13 製品 Muse Photoshop Animate
    +2
    0

    アドビのツールを使用して学生のアウトプットに刺激を与え、授業がさらに革新的になるように教育アクティビティをデザインする方法を探求します。いくつかの特定の教育方法を検討し、自身の授業またはプロジェクトをデザインすることで学習内容を応用します。

    Adobe Photoshop CCの導入 ワークショップ 2016/10/28 製品 Photoshop 0

    Adobe Photoshop CCで授業が変わります。生徒・学生たちのクリエイティブな才能を引き出しましょう。いくつかの基本的なツールとテクニックを使うだけで、想像以上の傑作が生まれます。

    研究者のためのポスターデザイン テクニカルチュートリアル 作成者 エルピクセル 株式会社 2016/10/02 製品 Photoshop 2 0

    エルピクセル株式会社(本社: 東京都文京区、代表取締役: 島原佑基)は、東京大学の画像解析に精通した生命科学(ライフサイエンス)の研究者が中心となり、2014年3月に設立した大学発ベンチャー企業です。主な事業内容は、論文の画像不正検出ソフトウェア(LP-exam)や人工知能を用いた画像解析クラウドサービス(IMACEL)、医療画像診断ソフトウェアの開発、研究教育活動などを行っています。 このたび、研究教育活動の一環として、研究者のための画像処理の基礎編として、画像不正を疑われないための画像処理がわかるe-Learningコンテンツをアドビシステムズ様とともに制作しました。研究者に限らず、大学生でも理解できる内容になっています。 本コンテンツに関するお問い合わせはこちらまで。 <アンケート実施中>画像処理に関するアンケート <参考>研究者を対象とした画像処理に関する実態調査結果

    研究者のための画像処理 ガイドライン テクニカルチュートリアル 作成者 エルピクセル 株式会社 2016/10/02 製品 Photoshop 5 0

    エルピクセル株式会社(本社: 東京都文京区、代表取締役: 島原佑基)は、東京大学の画像解析に精通した生命科学(ライフサイエンス)の研究者が中心となり、2014年3月に設立した大学発ベンチャー企業です。主な事業内容は、論文の画像不正検出ソフトウェア(LP-exam)や人工知能を用いた画像解析クラウドサービス(IMACEL)、医療画像診断ソフトウェアの開発、研究教育活動などを行っています。 このたび、研究教育活動の一環として、研究者のための画像処理の基礎編として、画像不正を疑われないための画像処理がわかるe-Learningコンテンツをアドビシステムズ様とともに制作しました。研究者に限らず、大学生でも理解できる内容になっています。 本コンテンツに関するお問い合わせはこちらまで。 <アンケート実施中>画像処理に関するアンケート <参考>研究者を対象とした画像処理に関する実態調査結果

    プレゼンテーションZenの実践 in 高崎商科大学 プレゼンテーション 作成者 Kenichiro Masubuchi 2016/09/30 製品 Photoshop 14 0

    ガー・レイノルズ氏が提唱するプレゼンテーションZenを高崎商科大学の学生たちが実践しました。 ビジネスの現場では、顧客に対するプレゼンはもっとも重要な任務のひとつです。数年前までは、プロジェクターやモニターが顧客の会議室にあることはまれだったので、スライドを印刷したものを顧客に渡して提案をしていました。その場合、後で顧客が読めるように文字情報ばかりの内容になっていました。 しかし、今は顧客の会議室にプロジェクターやモニターがないケースはむしろまれです。顧客といっしょに同じモニターを見て、提案するのが普通になっています。その際、もし紙と同じように文字情報ばかりを映すと顧客はこう言います。 「提案の途中で申し訳ありませんが、スライドのPDFをメールで送ってください。あとで読んでおきます。次の会議が控えているのですいません。読んだら、後日連絡します」 つまり、顧客は心の中でこう言っているのです。 「モニターに映した文字を読んで提案するのであれば、わざわざこちらに来る必要もないのにな~。今後時間を無駄にされたくないから、この人は避けることにしよう。」 提案プレゼンの目的は、顧客に提案内容に関心と興味を持ってもらうことです。説明を聞いてもらうことではありません。 関心と興味をまだ持っていない顧客に、詳細を説明して理解してもらおうとすることは、顧客にとっては苦痛以外のなにものでもありません。 プレゼンテーションZenは、相手に共感や関心を持ってもらったり、相手に導入検討などのアクションを起こしてもらうことを常に念頭において、グラフィックデザインやビジュアルデザインを基礎としたシンプルで分かりやすいプレゼンスライドの重要性を訴えています。そして、この考え方は、世界中のビジネスパーソンからも支持されています。 今回、学生たちは、オープンキャンパスに来た高校生という顧客を相手に、プレゼンテーションを通して、自分の大学に関心と興味をもってもらうというとても難しいミッションを背負いました。レイノルズ氏の講義、デザイン基礎とPhotoshopの演習、中間レビューを経て、本番に臨みました。 ぜひ、ご自分の生徒や学生にチャレンジさせてみてください。これを経験した学生は、インターンシップの最中に高い評価を得られるはずです。

    研究者のための画像処理 画像不正を疑われないための画像処理(第1回) プレゼンテーション 作成者 エルピクセル 株式会社 2016/09/23 製品 Photoshop 81 0

    エルピクセル株式会社(本社: 東京都文京区、代表取締役: 島原佑基)は、東京大学の画像解析に精通した生命科学(ライフサイエンス)の研究者が中心となり、2014年3月に設立した大学発ベンチャー企業です。主な事業内容は、論文の画像不正検出ソフトウェア(LP-exam)や人工知能を用いた画像解析クラウドサービス(IMACEL)、医療画像診断ソフトウェアの開発、研究教育活動などを行っています。 このたび、研究教育活動の一環として、研究者のための画像処理の基礎編として、画像不正を疑われないための画像処理がわかるe-Learningコンテンツをアドビシステムズ様とともに制作しました。研究者に限らず、大学生でも理解できる内容になっています。 大学などの研究機関においてLMSで活用を望まれる場合には、有償にて本コンテンツの活用をサポートしております。お気軽にお問い合わせください。 <アンケート実施中>画像処理に関するアンケート <参考>研究者を対象とした画像処理に関する実態調査結果

    Adobe Education メンバー トレンドセッター 参加日 2010/06/15 製品 Adobe Experience Cloud Typekit Acrobat
    +33

    Our mission is to inspire and empower the next generation to be lifelong creators.

    和彦 松岡 メンバー メンバー 参加日 2018/04/20 製品 Photoshop Illustrator InDesign

    美術教材のアイデア Webリンク 作成者 百瀬 登 2018/04/18 製品 Audition Photoshop InDesign 0 0

    美術教育に役立つアイデアを集めたweb 造形分野の基本的学習内容を整理する。題材の発想につながる素材の数々、また美術・音楽分野での材料・方法研究などについて取り上げる。

    服飾系短期大学部学生の為のデジタルファブリケーション体験①(レーザーカッターを使用したアクセサリー作成) 授業計画・授業指導案 作成者 Aya Mizukoshi 2018/04/06 製品 Acrobat Photoshop Illustrator 26 0

    服飾系短期大学部2年生の選択科目にて、デジタルファブリケーション機器を活用したアクセリー制作体験を行った。 目的 ファッションの分野においても、デジタルファブリケーションを活用したクリエイションが普及しているいる事から、学生達にデジタルファブリケーションがどのようなものなのか?何ができるのか?という事を理解してもらい、今後彼らの服飾造形に活かしてもらえればという事から、授業内の1課題として、デジタルファブリケーション体験を行なった。 今回は、比較的簡単に取り組めるアクセサリー制作を通して、デジタルファブリケーションを体験してもらった。 デジタルファブリケーション機器は学内に無い為、外部のファブラボ施設をお借りした。 制作の流れ ①まずはコンセプト、アイデアスケッチを描いてもらい、使用素材(2mm厚のアクリル板)を考慮しながら、教員と面談をしながら形を決めてゆく。 ②スケッチをスキャンし、イラストレーターでトレースを行う。形の修正は適宜行う。 ③レーザーカッターで処理を行なう上で、カットラインと彫刻ラインの線の設定を行なう。 ④データーを保存し、レーザーカッターでカットを行なう。 ⑤カットされたものを確認し、思ったとおりに形ができていなかった場合は、データーの修正を行い、再度カットをおこなう。 ⑥カット・彫刻されたアクリル板にアクリル絵の具やエナメル等で着色を行なったり、ビーズやコットンパール等の装飾、ピンや紐等をつけ感性させる。 ⑦完成作品を提出と同時に、制作の振り返りシートを提出させる。(振り返りシートには、制作のポイントの他、思うとおりに制作できたか、初めてデジタルファブリケーションを体験して同感じたか等を記入してもらう。)

    聖徳学園高等学校 Global × STEAM 国際協力プロジェクト成果報告会のご案内 ディスカッション 作成者 山名 和樹 2018/02/26 製品 Adobe Premiere Pro Photoshop Adobe Spark
    +1
    0 0

    拝啓 立春の侯、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。また、日頃より本校国際理解教育に際し、多大なるご支援を賜り厚く御礼申し上げます。さて、この度、独立行政法人国際協力機構(JICA)、アドビシステムズ株式会社、亜細亜大学ご協力のもと実施して参りました、高校2年生全クラス対象の「日本にいながら出来る国際協力」をテーマとした授業の成果報告会を開催いたします。本授業はGlobal × STEAM教育の実践例として、2017年12月に日経新聞でもご紹介頂いた授業です。つきましては皆様に是非ご参観いただきたく案内申し上げます。平日のご多忙な時とは存じますが、何卒ご来校賜り日頃の生徒たちの活動の成果をご覧下さいますようお願い申し上げます。 敬具 聖徳学園中学・高等学校 学校長 伊藤 正徳 記 内容:高校2年「日本にいながら出来る国際協力」授業成果報告会のご案内。高校2年各クラスに割り当てられた対象国に対する貢献方法について、生徒によるプレゼンテーションと報告活動。 日時:2018 年 3月 13日(火)13:45~16:00(13:30受付開始) 会場:聖徳学園中学・高等学校 講堂 テーマ国: 1組「ルワンダ」 2組「ミクロネシア」 3組「タイ」 4組「モザンビーク」 5組「スーダン」 6組「インドネシア」 その他:Adobe製品の活用事例についても生徒から直接聞けます。お時間合えばぜひお越しください。 お問い合わせ先: 聖徳学園中学・高等学校グローバル教育センター 山名 和樹 国際協力プロジェクト成果報告会へのご参加はこちらから (3月8日(木)までにお申し込みください) 本校までのアクセスはこちらから

    小西 Shunya メンバー 参加者 参加日 2018/01/22 製品 Photoshop Illustrator

    大学・専門学校非常勤講師及びIllustrator・Photoshop個人レッスンコーチ

    武司 堀 メンバー 参加者 参加日 2017/12/08 製品 Acrobat Adobe Premiere Pro Photoshop
    +1

    One Minute Video コンテスト (from 東海大学文学部 五嶋正治教授) Webリンク 作成者 鹿島 慎一 2017/11/29 製品 Adobe Premiere Pro Photoshop After Effects
    +1
    0 0

    AdobeMAX JAPAN 2017 教育セッションで、東海大学文学部広報メディア学科 五嶋正治教授からご紹介いただいた「One Minute Video コンテスト」のページと、後援の日本ユニセフ協会のページにある制作チュートリアル「One Minute Video作品を作ってみよう」のページへのリンクです。来年は生徒に挑戦させてみたいです。皆さんもご一緒にいかがですか?

    Eri Shimazaki メンバー 参加者 参加日 2017/11/15 製品 Illustrator Draw Photoshop Illustrator

    株式会社アド(2002年〜2008年)でパッケージデザイン・SP企画に従事。2008年よりフリーランスとなる。現在はグラフィックデザインを軸に活動し、並行して大学・専門学校でIllustratorとPhotoshopの指導もしています。

    依里 嶋﨑 メンバー 参加者 参加日 2017/11/15 製品 Photoshop Illustrator

    勇輔 小林 メンバー メンバー 参加日 2017/10/22 製品 Adobe Premiere Pro Photoshop Adobe Spark
    +1

    賢一 山下 メンバー 参加者 参加日 2017/10/20 製品 Adobe Premiere Pro Photoshop Adobe Spark
    +1

    敏樹 高瀬 メンバー メンバー 参加日 2017/10/20 製品 Acrobat Adobe Creative Cloud Photoshop
    +5