条件を絞り込む

カテゴリー

製品

科目

学年

34 結果
以下の条件で絞り込み
    Adobe Education Exchangeの活用ステージ ワークショップ 2016/10/04 製品 Adobe Experience Cloud Adobe Creative Cloud Adobe Document Cloud 19

    このワークショップにより、先生はAdobe Education Exchangeや提供されている多くの無料プログラム、リソース、機会に慣れることができ、クリエイティブな教育に特化したこのコミュニティを最大限に活用することができます。

    教育機関向けアドビアプリケーション プレゼンテーション 作成者 Adobe Education 2016/09/12 製品 Prelude Adobe Experience Cloud Typekit
    +57
    25 0

    教育機関向けアドビアプリケーションマップには、アドビソフトウェアアプリケーションの概要が紹介されており、どのようなものを制作できるのかを知ることができます。また、サンプルプロジェクトのアイデアのインスピレーションを得ることができます。以下のビデオを見て、用途に基づいた製品トレーニングとサポートへのアドビの取り組みについて確認してください。 このドキュメントでは、アドビソフトウェアアプリケーションで制作可能なデジタルコンテンツのタイプを分類し、各種コンテンツの制作に最適なツールを示しています。各コンテンツカテゴリーには、アドビの初級ユーザー、中級ユーザー、および上級ユーザー向けのサンプルプロジェクトが含まれています。プロジェクトによっては、アドビのサポートおよびAEEに関するチュートリアルへのハイパーリンクが含まれているものもあります。このドキュメントにはアドビアプリケーションの用語集も含まれており、アドビが提供する様々なアプリケーションを容易に確認することができます。

    Adobe Education メンバー トレンドセッター 参加日 2010/06/15 製品 Adobe Experience Cloud Typekit Acrobat
    +33

    Our mission is to inspire and empower the next generation to be lifelong creators.

    敏樹 高瀬 メンバー メンバー 参加日 2017/10/20 製品 Acrobat Adobe Creative Cloud Photoshop
    +5

    Adobe MAX Japanで「情報デザイン」を知る研修を行います。 ディスカッション 作成者 Kenichiro Masubuchi 2017/10/18 製品 Adobe Creative Cloud 0 0

    アドビ システムズ は毎年「Adobe MAX Japan」というクリエイターの祭典イベントを開催しています。今年のAdobe MAX Japanには2,500人のクリエイターが参加する予定です。この機会を踏まえ、Adobe MAX Japanで教育セッションを設け、「情報デザイン」に焦点を合わせた研修会と教員コミュニティであるAdobe Education Exchangeのオフ会を開催します。 平日開催のため、多くの先生方が参加できるよう、できるだけ遅く、午後4時半を開始時間に設定しております。ぜひ、ご参加ください。 教育セッション概要と登録方法については以下の通りとなります。 当日キャンセルいただいてもかまいません。まずはお気軽にご登録ください。よろしくお願い申し上げます。 1. Adobe MAX Japan教育セッション概要 日時:2017年11月28日(火) 会場:パシフィコ横浜 Adobe MAX Japan: https://www.event-web.net/adobemaxjapan/ 参加対象者 高校・大学教員、情報教育に興味のあるクリエイター全般 セッション1: 16:30-17:20 (開催される部屋は当日現地でご確認ください) タイトル:すべての高校生が「情報Ⅰ」で情報デザインを学ぶ ゲストスピーカー:鹿野 利春 先生 国立教育政策研究所 教育課程研究センター 研究開発部 教育課程調査官 (併任)文部科学省 生涯学習政策局 情報教育課 情報教育振興室 教科調査官 内容:2020年から学習指導要領が新しくなり、すべての高校生たちは「情報デザイン」を情報の授業で学ぶことになります。しかし、教育現場の教員にとって、「情報デザイン」は聞きなれない言葉です。情報教育の教科調査官である鹿野氏から、なぜ高校生は「情報デザイン」を学び、情報デザインのポイントはなにか解説いただきます。また、「情報デザイン」のプロである参加クリエイターにも、変化しようとする教育現場への参画を呼びかけます。 セッション2 17:50-18:40 (部屋は上記セッション1と同じにする予定です) タイトル:Adobe Education Exchange*研修会 内容:日本で昨年10月に開始したAdobe Education Exchange。1周年を記念して、Adobe Education Exchangeメンバーを対象に研修会を開催いたします(当日までに加入ください)。MAXにご来場の教育に関心のあるクリエイターの方々もご参加いただけます。Adobe Creative Cloudを活用した教育事例の共有だけでなく、教育者とクリエイターの交流の場にいたします。また、Adobe Education Exchange の立ち上げに貢献いただいた方、Adobe Creative Cloudを活用した教育を実践された教育者をAdobe Education Leaderとして表彰する予定です。 2. Adobe MAX Japan教育セッションへの参加登録のステップ Step 1 以下のサイトにて登録ください(サーベイモンキーのサービスを利用しています)。教育セッションのみの参加であれば、Adobe MAX Japanサイトでの登録は不要です。Adobe Education Exchangeに加入済の場合はこれで登録は終了です。未加入の方は次のステップへ。 https://jp.surveymonkey.com/r/LHJSM23 Step 2 Adobe Education Exchangeに加入してください。これで登録は終了です。 Adobe Education Exchangeへの加入(無料)方法:https://www.adobe.com/jp/information/edex.html  *Adobe Education Exchangeは、全世界で40万人の教育者が加入している教員向けコミュニティーです。 登録確認のメールは発信されませんが、開催数日前にリマインダーメールを発信いたします。 なお、教育セッション以外のセッションにも参加したい場合はお手数ですが、Adobe MAX Japanサイトでの登録が別途必要となります。以下のAdobe MAX Japanサイトにて、Adobe IDで登録ください。 https://www.event-web.net/adobemaxjapan/ ご案内は以上となります。ほかの先生にもぜひ共有いただき、お誘いください。皆様とお会いできることを楽しみにしております。

    貴行 坂井 メンバー 参加者 参加日 2017/10/17 製品 Acrobat Adobe Creative Cloud Adobe Premiere Pro
    +4

    高校生が期待する情報教育【2017 Adobe Education Forum】 デジタルアセット 作成者 アドビ 教育 コーディネーター 2017/08/04 製品 Adobe Creative Cloud 116 0

    登壇者 平方 邦行 氏 一般財団法人東京私立中学高等学校協会 副会長工学院大学附属中学高等学校校長 登壇者 小崎 誠二 氏 奈良県立教育研究所研究開発部 ICT教育係 係長 登壇者 上野 朝大 氏 株式会社CA Tech Kids代表取締役社長 登壇者 鈴木 洋文 氏 高崎商科大学・高崎商科大学短期大学部広報・入試室長 2017年6月29日に開催したAdobe Education Forumの講演ビデオです。 Adobe Education Forumは、学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラムです。今回は、株式会社内田洋行とアドビ システムズとの共催で、アクティブラーニングを促進する新しい学習環境を提言します。 パネルに、私立高等学校校長、県教育委員会事務局、大学教員、小学生向け情報教育を実施する企業経営者をお招きして、それぞれの立場から、それぞれの事例と大学に期待する情報教育について洞察を共有していただきます。 本データは2017年12月25日まで公開予定です(公開期間を延長しました)。

    講演 経営者が大学に切望する 情報教育【2017 Adobe Education Forum】 デジタルアセット 作成者 アドビ 教育 コーディネーター 2017/08/04 製品 Adobe Creative Cloud 96 0

    登壇者 横塚 裕志 氏 デジタルビジネス・イノベーションセンター代表 2017年6月29日に開催したAdobe Education Forumの講演ビデオです。 Adobe Education Forumは、学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラムです。今回は、株式会社内田洋行とアドビ システムズとの共催で、アクティブラーニングを促進する新しい学習環境を提言します。 横塚氏は、一貫して、ビジネス+I Tによる効率化する発想から、ビジネスxI Tによる価値創造への発想転換を日本企業の経営者に訴えています。大学に対しては、特に経営・商学部などの文系学部における情報教育の必要性を訴えています。講演では、情報技術に対する日本企業の課題、企業が求める大学教育の方向性、ビジネスパーソンやエンジニアに求められる情報技術に関する知識やスキルについてお話いただきます。 本データは2017年12月25日まで公開予定です(公開期間を延長しました)。

    授業案 スマホ世代のプレゼンテーション【2017 Adobe Education Forum】 デジタルアセット 作成者 アドビ 教育 コーディネーター 2017/08/04 製品 Adobe Creative Cloud 149 0

    登壇者 Garr Reynolds 氏 京都外国語大学 教授 ※ 逐次通訳 2017年6月29日に開催したAdobe Education Forumの講演ビデオです。 Adobe Education Forumは、学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラムです。今回は、株式会社内田洋行とアドビ システムズとの共催で、アクティブラーニングを促進する新しい学習環境を提言します。 グローバルで支持されているプレゼンテーション手法について書かれている「Presentation Zen」の著者で、プレゼンテーションの世界的第一人者であるReynolds氏に、スマホ世代の学生こそ、ビジュアルにプレゼンテーションを行う意義について、まさにプレゼンいただきます。 本データは2017年12月25日まで公開予定です(公開期間を延長しました)。

    基調講演 IT and the Creative Campus【2017 Adobe Education Forum】 デジタルアセット 作成者 アドビ 教育 コーディネーター 2017/08/04 製品 Adobe Creative Cloud 84 0

    登壇者 Jim Bottum 氏 クレムソン大学 教授(前副学長 兼 CIO) ※ 逐次通訳 2017年6月29日に開催したAdobe Education Forumの講演ビデオです。 Adobe Education Forumは、学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラムです。今回は、株式会社内田洋行とアドビ システムズとの共催で、アクティブラーニングを促進する新しい学習環境を提言します。 クレムソン大学はアメリカの有力な公立大学です。副学長&C I O時代、専攻にかかわらず学生が将来の職場で、デジタルツールを活用して創造的に働くことが求めれることを見越し、大変ユニークなラーニングコモンズを開設しました。これは、自身のこれまでの30年のキャリアにおいて、最も大きな学部横断的インパクトを学内に与えたといいます。大学の情報教育の内容、学生にとってのラーニングコモンズの位置づけなどを講演いただきます。 本データは2017年12月25日まで公開予定です(公開期間を延長しました)。

    オープニングスピーチ【2017 Adobe Education Forum】 デジタルアセット 作成者 アドビ 教育 コーディネーター 2017/08/04 製品 Adobe Creative Cloud 98 0

    登壇者 佐分利 ユージン アドビ システムズ 株式会社代表取締役社長 2017年6月29日に開催したAdobe Education Forumの講演ビデオです。 Adobe Education Forumは、学校経営者および教職員向けに開催している教育フォーラムです。今回は、株式会社内田洋行とアドビ システムズとの共催で、アクティブラーニングを促進する新しい学習環境を提言します。 本データは2017年12月25日まで公開予定です(公開期間を延長しました)。

    奎耀 千葉 メンバー メンバー 参加日 2017/07/15 製品 Prelude Acrobat Adobe Stock
    +25

    登 百瀬 メンバー メンバー 参加日 2017/01/23 製品 Audition Adobe Creative Cloud Photoshop
    +1

    和世 村本 メンバー メンバー 参加日 2016/12/08 製品 Acrobat Adobe Stock Illustrator Draw
    +15

    英明 天野 メンバー メンバー 参加日 2016/11/13 製品 Prelude Typekit Acrobat
    +25

    歩 鈴木 メンバー メンバー 参加日 2016/11/08 製品 Adobe Creative Cloud Photoshop Photoshop Sketch
    +2

    情報科とAdobe ディスカッション 作成者 松下 栄秀 2016/11/01 製品 Adobe Creative Cloud Adobe Premiere Pro Dreamweaver
    +8
    10 1

    教科「情報」でAdobe製品を活用してどのようなことができるのかについてディスカッションしましょう。

    一郎 千頭 メンバー メンバー 参加日 2016/10/12 製品 Adobe Creative Cloud Adobe Premiere Pro Dreamweaver
    +2

    敏文 飯島 メンバー メンバー 参加日 2016/10/11 製品 Acrobat Adobe Creative Cloud Photoshop
    +1

    悠 関口 メンバー 参加者 参加日 2016/10/11 製品 Acrobat Adobe Stock Adobe Creative Cloud
    +5

    樹徳高等学校 教諭

    友幸 浅川 メンバー メンバー 参加日 2016/10/11 製品 Adobe Creative Cloud

    Maiko Nakui メンバー メンバー 参加日 2016/10/06 製品 Typekit Acrobat Adobe Stock
    +22

    Adobe Japan インストラクター

    クリエイティブに教える・学ぶのアクションプラン 評価資料 作成者 Adobe Education 2016/09/21 製品 Adobe Creative Cloud 31 1

    クリエイティブな教育・学習のためのアクションプランを作成することですこのアクションプランは、クリエイティブな教育者としての専門的能力開発を継続するときのガイドになります。 アクションプランを作成するときは、以下を実行します。 意味のある目的を設定する。これは、最初の一歩であり、数ヶ月または数年後にどのような自分になっていたいかを定義します。ワークショップで学んだこと、自分に問いかけたことおよび自分の状況を組み合わせて考えてください。その後、現実的で実現可能な目的を決定します。目的として、新しいアドビソフトウェアアプリケーションをカリキュラムに組み込むことや、クリエイティブな教育のアイデンティティを定義してクリエイティブティーチングプロフィールを確立することなどを設定できます。いくつかのアイデアを検討して、これだと思うものを選択すると役に立つことがあります。 目的を実現させるための重要な目標を特定する。どうすれば目的を実現できるでしょうか?いくつかの重要な目標を定義します。例えば、新しいソフトウェアアプリケーションをカリキュラムに組み込むことが目的であれば、トレーニングを受ける、授業計画やプロジェクトを発展させる、新しいソフトウェアアプリケーションを使いこなしている他のメンバーとつながってコラボレーションすることが目標となる可能性があります。 目標を達成するために必要なステップとリソースを特定する。目標をステップに分解して順に達成するチェックリストを作成し、各ステップを完了するために必要なすべてのリソースを、目標の達成を支援できる人物も含めてリストアップします。 各目標のスケジュールを設定する。各目標のマイルストーンを設定します。いつ開始していつ終わる予定であるかを明らかにします。これは、目的を実現するように気持ちを整えるために役立ちます。 各目標が達成されたことを示す成果や指標を特定する。達成されるとどうなりますか?各目標が達成されると自分がどうなっているかを想像し、それを書き留めてください。これによってやる気が保たれ、目的が実現されたときにそれを実感できます。 アクションプランの立案を助けるためのサンプルプランとテンプレートをダウンロードして完成させください。テンプレートはPDF形式なので、完成させるために必要なのはAdobe Readerだけです。

    優一 川下 メンバー メンバー 参加日 2016/09/12 製品 Adobe Creative Cloud Dreamweaver Photoshop
    +3

    奈良県立香芝高等学校 教諭(2年)

    郁恵 莵原 メンバー コントリビューター 参加日 2016/09/12 製品 Adobe Creative Cloud Photoshop Fireworks
    +2

    I'm math teacher.