辰也 藤原
教材エディター・クリエイター

Illustratorで関数と3Dの回転体

デジタルアセット 公開済み 16/10/31 最終更新 18/05/16

数学の関数の単元で,回転体を扱うことがあります。

このとき,どのような回転体になるかをイメージできない生徒がいるので,Illustratorで3D化した回転体を示せれば,生徒の理解に繋がるのではないでしょうか。

Illustratorの「効果」→「3D」→「回転体」で簡単に回転体ができます。

ただし,y軸方向の回転しかできず,x軸方向の回転ができないのが難点です。

製品
Creative Commons License
表示 - 非営利 - 継承
評価
0 / 5 • 評価なし

関連リソース (1)

or Join for free to access materials
名前
追加された日付
ファイルサイズ