研究者のための画像処理 画像処理を用いた生物画像の定量評価(第2回)

プレゼンテーション 公開済み 16/09/23 最終更新 17/06/08

エルピクセル株式会社(本社: 東京都文京区、代表取締役: 島原佑基)は、東京大学の画像解析に精通した生命科学(ライフサイエンス)の研究者が中心となり、2014年3月に設立した大学発ベンチャー企業です。主な事業内容は、論文の画像不正検出ソフトウェア(LP-exam)や人工知能を用いた画像解析クラウドサービス(IMACEL)、医療画像診断ソフトウェアの開発、研究教育活動などを行っています。

このたび、研究教育活動の一環として、研究者のための画像処理の基礎編として、画像不正を疑われないための画像処理がわかるe-Learningコンテンツをアドビシステムズ様とともに制作しました。研究者に限らず、大学生でも理解できる内容になっています。

大学などの研究機関においてLMSで活用を望まれる場合には、有償にて本コンテンツの活用をサポートしております。お気軽にお問い合わせください。

<アンケート実施中>
画像処理に関するアンケート

<参考>
研究者を対象とした画像処理に関する実態調査結果

製品
学年
Creative Commons License
表示 - 改変禁止
評価
5 / 5 • 3 評価

関連リソース (1)

or Join for free to access materials

コメント (3)

返信する
すべてのコメントを閲覧したり、意見交換するには、または加入してください

菊地 哲広

投稿日 16/11/26 5:34:30 パーマリンク

​4:45付近の字幕ですが、「強調点を」ではなく「共焦点」ではないでしょうか。

菊池様
この度はご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。
ご指摘ありがとうございます。おっしゃる通り、「共焦点」です。
動画の制作グループと連携し字幕を修正いたします。

菊地様
字幕の修正が完了いたしました。