初めて使うAdobe After Effects CC

Adobe Educationさんが2016/12/12に投稿しました
科目
科学, 法律, グラフィックデザイン, 社会科学, 英語, ゲームデザイン, 人文科学, Web, アプリ, 言語, 芸術, ビジネス, 教育, フォトグラフィ, ビデオとオーディオ, 数学
学年
幼児期, 6-8(小学1年2年), 9-10(小学3年4年), 11-12(小学5年6年), 13-14(中学1年2年), 15-16(中3・高1), 17-18(高校2年3年), 大学
使用した製品
After Effects
1,597
  • 0/5 | 評価なし
Salience:BehanceのPaul Trilloによる短編映画

Adobe After Effects CCは、ビデオアニメーションと映像合成のツールとして業界でも広く利用されています。このワークショップでは、プロ品質のモーショングラフィックスとビジュアルエフェクトをデザインしてビデオのレベルを上げる方法を見ていきます。

説明する手順に従って、ビデオに特殊効果を追加できます。ニューヨークの街を飛行するUFOの目撃映像を作ることもできます。このワークショップを終えると、After Effectsの基本的な機能を理解し、After Effectsを使って授業で創造性を刺激する様々なアイデアが得られるはずです。

コースの目的

このワークショップの実習内容は以下のとおりです。

After Effects CCの基本機能の操作を学習する

簡単な手順でビデオに特殊効果を追加する

教材として役立つモーショングラフィックスとビジュアルエフェクトの使い方を学習し、授業で応用できる様々なアイデアを生み出す

前提条件

After Effectsの使用経験は必要ありません