松下 栄秀
教諭

情報科とAdobe

教科「情報」でAdobe製品を活用してどのようなことができるのかについてディスカッションしましょう。

製品
評価
0 / 5 • 評価なし

コメント (2)

返信する
すべてのコメントを閲覧したり、意見交換するには、または加入してください

Noriyuki KOIKE

投稿日 17/12/13 2:55:01 パーマリンク

​参加しました。

Adobeのプロダクトは、選択情報の授業でIllustratorとPhotoshopを使っています。

受講生全員がAdobeツール初心者でしたが、なかなか意欲的に作品作りを行なっていました。デジタルツールを使ったクリエイティブの制作は、まだ学校教育段階ではなかなかないのではないかと思います。以前のイラレやフォトショに比べると随分と操作もしやすくなっているし、値段も!導入しやすい価格になってきているので、ぜひ導入したいですよね。

藤原 辰也

投稿日 16/11/03 15:30:29 パーマリンク

​教科の「情報」については詳しくないのですが,Adobeの製品は「情報モラル」教育に利用できそうな気がしました。

高校を卒業後,大学に進学すればレポートを書く機会が増えるでしょうし,企業に就職すれば企画書を作成することもあるでしょうし,飲食店などに就職しても簡単なチラシを作ることもあるでしょう。

いずれにしもて,社会に出れば,いろいろな形で書類をつくることは多いと思います。

その際,文章を引用したり写真やイラストを使ったりすれば,著作権や版権は常につきまといます。

現在はネットから簡単に文章や写真をコピー&ペーストができ,さらにPhotoshopを使えば写真やイラストの加工も簡単にできます。

しかし,著者権や版権があるものを勝手に加工して公表することは違法なはずなのの,そのことを認識せずに利用する人が一定数以上いるも現実かと思います。

情報教育においては,このような情報モラル教育も大変重要な内容かと思われます。

そこで,InDesign,Photoshop,Illustratorなどを使い,何かレポートをグループで作成し,作成したものが著作権法上違法でないかどうかなどをグループディスカッションし,将来に役立つモラル教育をするというのはいかがでしょうか。