国語とAdobe製品

藤原 辰也さんが2016/11/03に投稿しました 最新のアクティビティ:2016/11/14

2 1,610
  • 4/5 | 1 評価

私は数学や理科が専門なので,国語の教育にはあまり関わりはありませんが,過去に語彙力に関する仕事をしていたこともあり,Adobe製品を国語教育にも活かせないかという関心があります。

しかし,実際の国語の先生方が,ICTにおいてどのようなことに困っているかがまだまだ勉強不足です。

Adobe製品に限らず,ICTにおいて「こんなことができれば」という意見交換をできればと思います。

まずはサンプルとして,漢字の筆順動画を作り,リソースにアップしました。

作り方は簡単です,Photoshopで漢字を表示して色を薄くし,QuickTimeで画面を録画しつつ,Photoshopのブラシツールでなぞるだけです。

ペンタブレットを使っているので多少なぞり方が下手ですが,液晶ペンタブレットを使えばもっとうまくなぞれるとは思います。

コメント (2)

藤原 辰也

投稿日 2016/11/14 13:28:31 - パーマリンク

松下様

コメントありがとうございます。

近年,反転学習用や復習用など,または授業を休んでしまった生徒へのフォロー用など,さまざまな場面で授業動画・解説動画などが作られています。

一昔前は,ビデオカメラで撮影したあとにPremireなどで編集するというのが一般的でしたが,ここ数年は,パソコン画面の操作を音声とともに録音して作成する動画がかなり増えてきております。

いろいろな先生方がさまざまなソフトウェアを使って解説動画を作っていますが,AdobeCCを導入しているのであれば,Photoshopを使うのも一つの方法だと思います。

松下 征悟

投稿日 2016/11/13 5:57:26 - パーマリンク

​藤原 様

はじめまして

作り方は簡単です,Photoshopで漢字を表示して色を薄くし,QuickTimeで画面を録画しつつ,Photoshopのブラシツールでなぞるだけです。

この方法を使えば、写真1枚から手軽にいろんな動画教材が作れますね!

思いつきませんでした。とても参考になりました!ありがとうございます!