おすすめ教育リソース

テクニカルチュートリアル

回路図と試験管のIllustratorによる作図
投稿者 辰也 藤原

初等教育の物理で回路図を学んで以降,物理系に進めば進むほど, どんどん複雑な回路図を作成する必要性が出…

star star star star star (1)

デジタルアセット

入学式のスケジュール
投稿者 祥子 松本

 特別支援学校で学ぶ児童生徒の多くは「今やること」、「終わったら何があるのか」がわからずに奇声を…

star star star star star (2)

デジタルアセット

「竹割」の使い方
投稿者 征悟 松下

以前に、実習中に2in1PCで撮影Premiereで製作したものです。 2in1PCとCCを活用するとその場で撮…

star_border star_border star_border star_border star_border (0)

デジタルアセット

実験・観察ノートに動画を埋め込む
投稿者 辰也 藤原

生徒一人に一台のタブレットやパソコンが支給されたとしても,すべての授業で効果的に使えるとは限りませんし…

star_border star_border star_border star_border star_border (0)

デジタルアセット

デザインなぞなぞ

ちょとだけデザインがわかる、ちょっとだけ楽しくなる。 専修大学 上平 崇仁 教授の監修の元、ネットワーク情報学部で「グラフィックデザイン」を履修した学生と上平研究室の学生がつくった、普段目にしているデザインのなぞなぞです。読み物として単に面白いのですが、授業で活用すると生徒は真剣になぜなのか考え始めることひっしです。ぜひ、授業でお使いください。 今後上平研究室でAEEのアカウントを作っていただきますが、それまでの間、私が代わりにアップさせていただきます。 前書きに、上平教授の次のような言葉から始まります。  現代のわたしたちの生活の中においては、あらゆるモノやサービスがどこかの誰かによってデザインされています。ですが、あまりに生活に溶け込んでいるために、わたしたちはいちいちそれらの理由を深く考えることはありません。本当に優れたデザインは、実は美術館の展示台の上ではなく、生活の行動半径のなかに当たり前のように存在しているものです。そこにあるデザインの意味に気付き、新しい見方を得たとき、わたしたちは「すでに知っているものをもう一回改めて知る」ことの気持ちよさを知るでしょう。面白いことは、ソーシャルメディアの中ではなく、以外と身近にあるのかも知れません。  この本は、情報系学部の大学生たちが、日常生活の中にあるデザインを題材に、自分の視点で「これはナイスなデザインだ」と発見したものをピックアップし、なぞなぞ形式で読み物としてまとめたものです。中学生ぐらいから大人の方まで楽しく読める易しい内容になっており、どこから読んでも大丈夫です。  問題文の次のページに答えと解説が書かれています。まずは問題を読んで答えを考えてみてください。これはもっともなことですが、答えを知っているか知らないかではなくて、よくよく想像していけば解けることを、基本的な問題作りの指針にしています。これ ...

star star star star star (4)
Adobe Education Forum レポート
Kids Creator's Studio レポート
すべて見る

ワークショップ

初めて使うAdobe Premiere Pro CC

Self-paced

初めてのビデオを制作しながらPremiere Proの基本を学び、授業に活かすためのアイデアを膨らませましょ…

ワークショップ

初めて使うAdobe After Effects CC

Self-paced

モーショングラフィックスと映画のようなビジュアルエフェクトを組み込んで、ビデオを次のレベルに引き上げま…

ワークショップ

高等教育のカリキュラムにおける クリエイティビティのデザイン

Self-paced

アドビのツールを使用して学生のアウトプットに刺激を与え、授業がさらに革新的になるように教育アクティビテ…

ワークショップ

Adobe Acrobat DCの導入

Self-paced

教師にとって時間はいくらあっても足りません。Adobe Acrobat DCを使用すれば、デジタルワークフロー…

ワークショップ

Adobe Photoshop CCの導入

Self-paced

Adobe Photoshop CCで授業が変わります。生徒・学生たちのクリエイティブな才能を引き出しましょ…

ワークショップ

Adobe Education Exchangeの活用ステージ

Self-paced

このワークショップにより、先生はAdobe Education Exchangeや提供されている多くの無料プログラム、リソース、機会に慣れることができ、クリエイティブな教育に特化したこのコミュニティを最大限に活用することができます。

おすすめ教育リソース

プロジェクト学習資料

ポスターデザインコース with Photoshop_Lesson5〜文化…

【ポスターデザインコース with Photoshop】 ポスターデザインコース with PhotoshopのLes…

star star star star star (1)

プロジェクト学習資料

ポスターデザインコース with Photoshop_Lesson4〜文化…

【ポスターデザインコース with Photoshop】 ポスターデザインコース with PhotoshopのLes…

star star star star star (1)

プロジェクト学習資料

学校紹介映像の製作
投稿者 征悟 松下

本校は、農業と家庭を学ぶ専門高校です。7つの学科(うち5学科には2つのコース)で専門教育を行なっていま…

star star star star star (3)

Webリンク

Adobe Spark Pageを使った行事活動のまとめ作成
投稿者 Noriyuki KOIKE

2年前になりますが、本校の中等部水泳合宿の様子をAdobe Sparkを使って公開しました。 保護者向…

star_border star_border star_border star_border star_border (0)

プロジェクト学習資料

ポスターデザインコース with Photoshop_L1-1〜文化祭のポ…

【ポスターデザインコース with Photoshop(1/15)】 ポスターデザインコース…

star star star star star (3)

授業計画・授業指導案

デザイン漢字
投稿者 Noriyuki KOIKE

漢字1文字をイラストやアイコンを組み合わせてより視覚的に伝わる「デザイン漢字」を制作します。 ツールはIllustratorを使い、漢字をアウトライン化してデザインを施していきます。 TEDのプレゼンテーションでみたShaoLanさんのLearn to read Chinese .. with ease!にインスパイアされたことで、制作課題としてみました。 1.自分のデザインしたい漢字1文字を選ぶ 2.Illustratorを使い、イラストを制作したり、Creative Commonsのマテリアルを組み合わせたりして、漢字を再デザインしていく。 3.デザイン漢字についての説明書き。漢字の由来やエピソード、自分が受けたインスピレーションや作品に対する思いなどを3行程度の紹介文として添える。 4.Creative Commonsのマテリアルを利用した場合は適切に表記する。

star star star star star (2)

AEEはプロジェクトのヒントを見つけたり、作成したチュートリアルについての感想をもらったりできるとても有意義なコミュニティです。世界各国の指導員とも知り合え、貴重な経験ができました。

Tim Bateup
技術科教員 Caloundra State High School